スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるかな 雑感

お久しぶりです。
気をつけようと決意したのにまたも更新が途絶えてしまいました(;´Д`)
最近リトバスのおめかし型をはるかな型に組み替えて回していまして、今日はそれについて簡単に書き連ねていきます。

強み
・Lv3葉留佳のCXシナジーによるクロック送りという強力な詰め要素。カリスマ互換で相手の回復も阻害できる。
・手札を増やせる集中やオカ研互換のおかげで手札が枯渇しにくい。
・着ぐるみを筆頭とした各種パンプ要因のおかげで行きのラインが高め。相手に早出しされても大抵見た目越えはしていける。

弱み
・手札を増やせる集中でCIP回復を回収できない。控え室に落ちたら水鉄砲か扉頼りになる。
・手札にCXを大量に抱えてしまった場合の処理が少々困難。手札を切れるカードが水鉄砲と完全無敵少女しかなく、前者はリフ間際、後者は1帯の時点だと色発生がしておらず出せない恐れがある。

自分が使っているコマリンマックスと比べると集中で常に手札を増やせ、かつ行きのパワーラインが常に高めであるのがいいですね。
コマリンマックスですと理樹のCXシナジーや忙しい佳奈多で手札を増やせますが、キャラと違って握れるかはわかりません。
割っても割られ返されるのはどちらも同じなのですが、こちらはレスト集中いる分立て直しに関しては有利かなと。

近いうちにデッキレシピをあげようと思います。

では。
スポンサーサイト

ラブライブ! 黄赤青t緑

Lv0×16
南 ことり×2
“もぎゅっと“Love”で接近中!”μ's×2
“ハラショー”絵里×4
メイド服の穂乃果×3
和菓子屋の娘 穂乃果×1
凛の幼馴染 花陽×3

Lv1×15
“僕らのLIVE 君とのLIFE”絢瀬 絵里×4
“僕らのLIVE 君とのLIFE”南 ことり×2
“僕らのLIVE 君とのLIFE”園田 海未×4
“ナイショ話”真姫×1
ニッコリ腕立て伏せ×3

Lv2×3
μ'sの牽引役 穂乃果×1
音ノ木坂学院3年生 絵里×2

Lv3×8
“僕らは今のなかで”μ's×4
音ノ木坂学院2年生 海未×2
音ノ木坂学院1年生 真姫×2

CX×8
μ'sの仲間×4
はじまりの想い×4

4色ラブライブその2です。
以前の構築だと扉を打ちたいときに打てない(特にレベル3に上がるとクロック2ドローを破棄する状況が多いため)ことが多かったのでこのような型になりました。

以下新たに採用したカードです。

・“ハラショー”絵里
Lv0の段階で単体4500、他にキャラがいればさらにパワーが上がるLv1を立てられるのが弱いわけありません。
初手で握れてなくても南ことりで手札のチェンジ先を落としつつサーチするという動きもできます。
チェンジできる確率を高めるためにも4枚。

・“僕らのLIVE 君とのLIFE”南 ことり×2
助太刀を打たせず割りにいくことができ、返しはイベントカウンターで弾くことができます。
ただし、そこまでパワーが上がるわけでもない(後列2体で8000、CXを貼って9000)ので相手がLv2のキャラを早出ししたとなると割りにいくのは厳しいかと思います。
そして3パンの2パン目でCXが噛んだときに集中と合わせてCXを吐くための手段でもあります。

・μ'sの牽引役 穂乃果×1
チェンジからのCXシナジーで相手の早出ししたLv3を割りにいくために採用しました。
真姫の早出しだけで十分な場合には基本チェンジすることはないです。
Lv応援無しでも後列2体+CX+シナジーでパワー補正+5000なので複数面早出しされていても全面見た目越えも不可能ではないです。

・音ノ木坂学院2年生 海未×2
にこが抜けた枠に投入。
以前よりもCIP回復を握りやすくなっていて耐久しやすくはなっています。

こんなところでしょうか。
1帯のキャラを1色にしたりCXを無理なく打てようにしたりと回しやすくなっているはずです。
現状、Lv応援をTD花陽に変えるか、また各種Lv3や助太刀の枚数で迷っているので随時調整していきたいと思っています。

では。

9月9日 大会レポ

大会出てレポ書こうとしましたが、書き終わる前に大阪に旅行に行ってしまいました^^;

使用 赤青緑まどマギ

1戦目 SAO○
こちらの先行、雨宿り警戒で相手を5止めするも、桜並木登場トップCXでセルフレベルアップされる。
幸い雨宿りは出てこなかったもののLv1リズやパーティーの誘いを展開されてこちらもレベル1に上がり、お互い自ターンに割り合う状況に。
ただし、打点ではこちらが勝っている。
終盤、こちら3-4の状態で願いを警戒してか?効果を使ったソウル3のLv3アスナがLv3さやかに殴ってくる。
トリガーで何も引かずダメージは無し。
次のソウル3のアスナのアタックも願いを使い回復しつつキャンセル。
返しに打点調整して勝利。

2戦目 赤青緑鍋○
相手先行、後列みっくんが登場するも前列は絆元の萌でパワーが出ない。
そしてアツアツな二人 萌で手札交換をしていることから手札がよろしくない様子。
こちらは序盤から集中を使って手札を増やしレベル1リフに成功と回りがいい。
レベル3に相手が先上がりしLv3萌や木琴で回復するものの最後は普通に殴って勝利。

3戦目 黄青緑ラブライブ○
Lv1が水着花陽とRR凛で戦う型。
レベル1で先上がりするもののLv1を展開できずに返しに全面割られ、Lv3真姫を早出しされなかったが終盤までずっと盤面を取られてしまう。
ただ、レベル1でリフしたおかげで圧縮は弱くなく集中や絆で手札を維持しつつジリ貧に陥ることはなし。
最後は相手3-1のから3-3-3作って素通りして勝利。

4戦目 赤青緑まどマギ ○
こちら先行でワルプルまどか+キュウべえの4000を立てる。
相手はアタッカーもキュウべえも引けず、こちらのキャラが割られずアドを稼ぐ。
さらに相手が序盤にキャンセルを多発。
こちらが先上がりして林檎からのバニラさやかを展開。
相手も同じような動きをしていく。
レベル2に上がって時間遡行者登場からの擬似リフで3面割るも、返しに全く同じ動きをされて3面割り返される。
こちらがレベル3に先上がりしLv3さやか2体とアルテま登場で3-0まで回復。
相手3-0で相手の盤面はバニラさやか2体とワルプルまどか。
ここで最初にまどかを殴るプレミ。
2点が通り、2、3パン目をキャンセル、2パン目で願いを使われLv3さやかを回収される。
この段階で相手のストックが4、クロック2ドロー後に現るで時間遡行者を回収からの擬似リフ。
相手の盤面がソウル1のキャラだけだったのでこちら7点までには至らず3-3で止まる。
最後は相手の盤面が時間遡行者だけだったので願いの警戒をせずに2-2-2を作って勝利。

結果 4勝0敗

4試合目以外、序盤から集中を使ったレベル1の段階でリフレッシュができたのが大きかったと思います。
最近時の魔法少女を出している余裕がないので一度抜いてみます。
そしてマミさや増やして全力でデッキを序盤から削りつつ手札を回転させる動きに興味を持ったので試してみます。

では。

DOG DAYS 雑感

どうも最近また更新がさぼりがちになってしまい反省中です。
天候が悪かったりなんなりでリアルでカードゲームがなかなかできてない状態ですが、Skypeを使っての対戦は結構頻繁にやっております。
家にいながらも対戦できるので素晴らしいですね。

今回はDOG DAYSを回して思ったことを書いていきます。

強み
・Lv3ミルヒによる強力な詰め手段。相手ターンでもバーンを使えるため状況によってはクロック2ドローやチャンプアタックも許さない場面も。
・正々堂々 レオによる相手の回収の牽制。
・チェンジ先がクロックにいる必要があるが従来よりもコストが軽いチェンジ方式。

弱み
・採用しやすい手札を増やすカードが少ない、CIPサーチが存在しないなど、どうしても引きに頼る場面が多い。
・正々堂々 レオで相手の回収を牽制できるとはいえ、相手が回収にそこまで頼らないデッキやパンプしても見た目越えや助太刀圏外から殴られると上記の通り手札維持が困難。
・Lv応援が存在せず特に2帯以降の相手ターンのパワーラインの低さが目立つ。

0、1帯でどれだけ相手のアドを削れるかが重要になると思います。
早出しされた相手も見た目越えはそこまで難しくはありませんが助太刀圏外とは言えないので、行きでアタッカーを倒されてしまうと回収力の低さから後々の展開が困難になってしまいます。

2帯で高パワーキャラを並べてくる相手に対しては先上がりからのチェンジが必須でしょう。
どのレベル帯でも言えますが、CXを張りにくいので相手ターンに助太刀でダイレクト枠を作ることが非常に重要となります。

引きに頼る場面が多く安定しにくいのが総じて欠点ですね。
単純にカードパワーだけで勝てるタイトルではないと思いました。
タイカプに関してのことをまだ全く考えていないのでそちらも考えていきたいです。

では。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。